体の不調を補う黒酢にんにく・スピルリナ・フコイダンの効果とは

ダイエット時に起きやすい?栄養不足がもたらす災難

人は、様々な栄養素のおかげで健康に過ごすことができます。しかし、ダイエットなどで食事量を極端に減らし、日々の栄養摂取を疎かにしてしまった場合は、体に様々な不調が現れます。場合によっては体が全く動かなくなるなどの可能性もあり、生命の危機に陥ることもあり得るのです。

栄養不足による諸問題

  • カルシウム不足による骨粗鬆症のリスク増大
  • カルシウム不足による精神の不調(イライラなど)
  • 亜鉛不足による味覚障害
  • 亜鉛不足による免疫力の低下
  • タンパク質不足による筋肉量の低下
  • タンパク質不足による神経伝達物質の異常(イライラ、集中力の欠如など)
  • タンパク質不足による免疫力の低下
  • タンパク質不足による肌や髪、爪の荒れ
  • 脂質不足による栄養失調(体力・集中力・記憶力の欠如)
  • ビタミン不足による免疫力の低下及び壊血病の発症

栄養をしっかり取ってダイエットをする

上で紹介したように、栄養が不足することで人体に起きる影響は計り知れないものがあります。ダイエットの天敵である脂質でさえも、摂取しなければ栄養失調を起こし、健康被害が発生してしまいます。そのため、できるだけ栄養は摂取しなければなりません。そんな時に役立つのがサプリです。サプリは不足しがちな栄養素を補給してくれます。

サプリで栄養を摂るメリットランキング

服用
no.1

必要な栄養素だけを補える

栄養は食事で取るのが最も良いのですが、ダイエットの場合だと食事量にも気を使わなければなりません。そのため、栄養バランスを考えるのは少し面倒です。そんな時はサプリメントを使い、不足している栄養素を補うという手段が有効です。このメリットが一番大きいので、一位に選ばれています。

no.2

食欲が無い時に便利

栄養を摂取したくても食欲がない。病気の時によくあるケースです。こんな時無理に食べても体に悪いため、サプリで栄養を補い体調を回復させるという手段が有効です。サプリは錠剤や粉末なので摂取しやすく、手軽に栄養補給が可能です。体調が回復することで食欲も出てくるでしょう。

no.3

食事でしか取れない栄養素も補える

体に必要な栄養素は、食事でしか補えないものがたくさんあります。例えば亜鉛です。亜鉛は必須ミネラルの一つですが、食事からしか生成できません。食事で摂取できる亜鉛が少ない場合はサプリで摂取し、足りない分を補うといったことが可能です。

no.4

持ち運びしやすい

料理を持ち運ぶ場合は弁当箱などに入れて、どこかで食べなければなりませんが、サプリならすぐその場で摂取することが可能です。よって、手軽に栄養補給したい時にサプリはうってつけです。中には美容に良いサプリもあるため、それを食後に飲むというのも有効です。

no.5

消化吸収速度が速い

食事に比べると、サプリは消化吸収力が速いです。そのため、素早く栄養補給ができます。代表的なのはプロテインです。筋トレ後、人の体は栄養を吸収しやすいため、吸収効率のよいサプリを使えば無駄なくタンパク質を摂取できます。

黒酢にんにく・フコイダン・スピルリナ【健康をもたらすサプリ】

ウーマン

タンパク質の重要性

栄養の中でも重要な部類に入るのが、タンパク質です。人は皮膚や内臓、骨や血管に至るまでタンパク質で構成されています。そのため、タンパク質が不足すると体に様々な問題が発生しやすくなります。出来る限りタンパク質は摂取しましょう。サプリメントではプロテインの他、黒酢にんにくやスピルリナが人気です。黒酢にんにくとスピルリナは疲労回復にも効果があり、疲れやすい状態の人には大きく役に立ってくれます。

サプリ

フコイダンで免疫力アップ+腸内環境の改善

免疫力アップを考えるのであれば、フコイダンもおすすめです。フコイダンとは昆布などについているヌルヌルした粘液であり、食物繊維の一種です。摂取することで免疫力の向上や、胃腸の環境を整える効果があります。胃腸が原因で様々な悩みを抱えている人に有効です。

ウーマン

あくまでも補助

サプリは体に様々な効果を与えてくれますが、忘れてはならないのがあくまでも補助だということです。本来、こういった栄養は食事で取るのが良いとされています。食事で摂取することで腸などの内臓も働くため、免疫力の維持につながるのです。よって、サプリだけで栄養を補うというのは間違った考えであり、あくまでも補助だということを念頭に置いておきましょう。

サプリを摂取する上で大事なこと

錠剤

水で飲む

お茶や牛乳などで飲む人もいますが、基本的には水での摂取を心がけましょう。お茶や牛乳といった飲み物には別の成分が含まれているため、サプリの体への吸収を阻害する可能性があるからです。問題ないサプリも多いですが、念のため水で飲むようにしましょう。

継続して飲む

サプリは薬とは違い、即効性はありません。毎日続けて飲むことが大事であり、一日二日飲んだ程度ではほとんど効果はないと思いましょう。サプリによっては1ヵ月以上飲んで体に変化が現れるケースもあるため、気長にゆっくり栄養を補いましょう。

過剰摂取は危険

タンパク質でもビタミンでも、一気に大量に摂取すると逆に体調不良の原因となります。これを過剰摂取といいます。サプリには決まった量があります。決められた量を守って飲むことで過剰摂取のリスクを限りなく0にすることができるのです。不足した栄養をゆっくりと補充していき、体に負担なく健康体に戻していきましょう。

飲むタイミングは決まっていない

サプリはお薬ではないので特に飲む時間帯に決まりはありません。栄養が不足しがちな時に飲めばそれで大丈夫です。しかし、強いて飲むタイミングをいうのであれば食後あたりが好ましいです。食事が胃腸で消化されるため、その時にサプリを飲めば一緒に吸収されやすくなるからです。

広告募集中