貸し切り観光バスで旅行すれば、楽に旅行ができる

機器の重量超過に注意

飛行機の預け荷物の制限が厳しく

スキューバダイビングは空気がない海中を楽しむレジャーのため、ダイビング器材への依存性がかなり高いレジャーです。使い慣れた器材はダイビングが快適になるだけでなく、安全性もより向上します。 海外にダイビングにいくときには自分の器材を持って行こうとしても飛行機の重量制限が厳しくなっていることもあって、約15kgほどあるフル器材を持って行くにはその他の荷物を合わせると超過料金が必要となってしまうかもしれません。 そこで、できるだけ軽量化されたダイビング器材を購入することになります。フィンであれば重いゴム製ではなく軽いプラスチック製を選んだり、金属製のセカンドステージではなく、樹脂製のセカンドステージを選んだりします。

軽量化と耐久性は相反します

各ダイビング器材メーカーでは、素材を変更することだけでない軽量化を図っています。素材を金属から樹脂に変更することにより軽量化はすることができますが、耐久性は金属製の方が高くなります。また生地についても薄い生地を使えば軽くできますが、厚くて硬い生地と比べるとやはり耐久性が落ちます。 そこで各メーカーはBCDのように耐久性が必要な部分と軽量化ができる部分を見直して場所別に異なった素材を使い、形状を変更して軽量化と耐久性を両立できるようにしています。日本人が好むゴム製のフィンもゴムを発泡化して水に浮くほどにして自然な弾力のある軽いフィンにしたり、ゴム製のホースを約半分の重さにして、かつ耐久性は3倍と言われている樹脂製のホースを開発してきました。使い勝手はもちろん軽くて強い器材を上手に購入して快適なダイビングを楽しむようにしてください。